循環器内科

循環器内科

対象疾患
現在循環器内科は5名で診療を行っています。スタッフ4名が日本循環器学会の専門医であり、病院も循環器学会研修施設に認定されています。私たちは虚血性心臓病、不整脈、弁膜症、心筋疾患、心不全、高血圧、肺循環障害、末梢血管疾患など成人の循環器系疾患に幅広く対応しています。

循環器疾患の診療に欠かせないのが、心臓カテーテル検査およびカテーテル治療です。埼玉メディカルセンターでは2012年12月に最新の心臓カテーテル検査室と撮影装置を整備しました。

装置はシーメンス社製で2方向同時撮影が可能です。2方向同時撮影を行うことで心臓の立体構造の把握が容易になるほか、造影剤の使用量も半分ですみます。検査室には撮影装置だけでなく、大画面モニター、自動注入装置、心電計、除細動器、血管内超音波装置、心腔内電位三次元マッピング装置、大動脈内バルーン・パンピング、経皮的人工心肺などなど、多くの周辺機器があります。カテーテル検査時には医師、看護師だけでなく、放射線技師、臨床工学士、検査技士などの専門スタッフが参加し、抜群のチームワークを誇っています。

カテーテル検査の主な対象は虚血性心臓病、末梢血管疾患、不整脈です。前二者では心臓や下肢の動脈を造影し、狭窄や閉塞が見つかればバルーンやステントを用いて治療(血管拡張術)を行います。また頻脈性不整脈に対しては、発作の原因となる異常部位を焼灼(カテーテルアブレーション)して治癒させることが可能です。私たちはこれらの治療を適応があると思われる方には積極的にお勧めしています。

外来担当医紹介
名前 職位 専門 資格
久保 典史 部長 循環器救急と集中治療
冠動脈インターベンション治療
日本内科学会専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
平原 大志 医長 不整脈治療と循環器一般
カテーテルアブレーションテバイス治療
日本循環器学会専門医
不整脈専門医
日本心血管インターベンション学会認定医
吉岡 徹 医長 虚血性心疾患 日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション学会認定医
日本内科学会専門医
村木 浩司 医長 循環器一般 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
プライマリーケア認定医
大谷 明 医員 循環器一般
ninteshisetsu
 

日本循環器学会研修施設
日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設
日本不整脈学会不整脈専門医研修施設
PageTop