神経内科

神経内科

対象疾患
神経内科が診断、治療を行う代表的な疾患:

・突然手足の運動麻痺や感覚障害、呂律が回らない、言葉の理解ができなくなるなどの症状が出現する脳血管障害
・物忘れが徐々に進行するアルツハイマー病に代表される認知症
・小刻み歩行、手足の緩慢な動作、手足のふるえがみられるパーキンソン病やその関連疾患
・体のふらつき、呂律が回らないなどの症状がゆっくり進行する多系統萎縮症
・頭痛(偏頭痛、緊張型頭痛などの慢性頭痛、感染に伴う髄膜炎など)
・めまい

その他、自己免疫性疾患(多発性硬化症、視神経脊髄炎、ギラン-バレー症候群など)、神経痛などの疾患の診断、治療を行っている。

 外来担当医紹介
名前 職位 資格
栗原 一浩 部長  日本神経学会専門医、指導医
日本老年病学会専門医、指導医
日本頭痛学会専門医
日本内科学会認定医
渋谷 浩一  医長  日本神経学会専門医
日本内科学会専門医
ninteshisetsu
日本神経学会准教育認定施設
日本老年学会認定施設

 
PageTop