臨床工学室

臨床工学室の紹介
臨床工学技士とは、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業とする医療機器の専門職です。当院では4名の臨床工学技士が主に血液浄化業務、循環器関連業務、医療機器保守点検管理業務を行っています。

1、血液浄化業務
血液透析、単純血漿交換、血漿吸着、白血球除去、LDL吸着、腹水濾過濃縮等を、準備、治療開始から治療中の機器管理そして終了まで、安全で適確に治療が行えるよう従事しています。また、これら装置の保守点検も定期的に行います。 rk1

2、循環器関連業務
狭心症、心筋梗塞など心臓カテーテル検査時のカテラボ装置、血管内超音波装置(IVUS)、IABP、PCPSの操作、機器管理を行っています。
徐脈、房室ブロック等の治療に使用されるペースメーカーの管理を、専用プログラマーを使用して設定や適切に作動しているか点検管理しています。
心房細動、発作性上室性頻拍等に対するカテーテルアブレーション治療時の心内心電図記録装置の操作点検管理を行っています。
rk2


3、医療機器点検管理業務
院内の汎用性の高い医療機器(人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、ネブライザー、パルスオキシメーター)を臨床工学室で集中管理し運用、修理、保守点検を行い安全性、信頼性、効率性の向上を図っています。また、病棟保有の除細動器(AED含む)、マスク式呼吸器、モニター等定期的に保守点検を行っています。
rk3   


4、取得認定資格
透析技術認定士4名
呼吸療法認定士4名
臨床ME専門認定士2名
PageTop