血液内科

血液内科

対象疾患
白血球には、好中球・好酸球・単球・リンパ球といった成分があり、好中球は、細菌感染を制御する働きがあります。白血球の病気には、代表的なものに、白血球の異常増殖がみられる白血病があります。その他、リンパ節の異常増殖による悪性リンパ腫などがあります。
赤血球には、酸素を運ぶ役割があります。赤血球の病気には、貧血があり、そのなかには、鉄欠乏性、巨赤芽球性などがあります。
血小板には、血を止める作用があります。血小板の病気には、血小板減少症や血小板増多症などがあります。また、これら血球をつくる基になる細胞(幹細胞)の異常による骨髄異形成症候群なども当科で診断、治療します。
血漿蛋白の異常の代表的なものには、多発性骨髄腫や、良性マクログロブリン血症などがあります。
PageTop