個人情報保護方針

当院における個人情報の取り扱いについて

・個人情報の保護に関する法律が施行に関して

・個人情報の開示等の取扱い

・診療記録等の開示に要する料金表

・患者情報等の保管期間について

●平成17年4月1日から「個人情報の保護に関する法律」が施行されておりますが、 当院では、患者さまへの適切な医療を提供するため、患者さまの個人情報を下記のとおり利用しておりますので、ご了承下さい。


1.個人情報に関する基本的考え方等
(1) 患者さまの個人情報保護のため、「個人情報の保護に関する法律」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」を遵守するほか、「埼玉メディカルセンター個人情報保護管理規程」を定め、職員(非常勤職員を含みます。)、病院業務の委託を行っている事業所の職員及び病院出入り事業所の職員に対する個人情報保護の必要性等について、周知徹底するとともに、個人情報の安全管理について万全の措置をとっております。




(2) 患者さまは、利用目的の中で同意しがたいものがある場合には、その事項について、あらかじめ患者さまご本人の明確な同意を得るよう当院に求めることができます。




(3) 患者さまが、前記1の意思表示を行われなかった場合には、公表されている利用目的について患者さまの同意が得られたものとさせていただきます。




(4) 同意及び留保については、その後、患者さまからの申出により、いつでも変更することができます。

2.個人情報の院内での利用目的
(1) 患者さまに提供する医療サービス




(2) 医療保険事務




(3) 患者さまに係る当院の管理業務のうち、 入退院等の病棟管理及び安全管理(病室の名札及び呼称) 診療、検査、事務等に係る窓口での呼び出し 医療事故等の報告

3.他の事業者等への情報提供を伴うもの
(1) 患者さまに提供する医療サービスのうち、 他の病院、診療所、保険薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携 他の医療機関等からの照会に対する回答 患者さまの診療等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合 検体検査業務の委託その他の業務委託 家族等への病状説明




(2) 医療保険事務のうち、 保険事務の委託 審査支払機関への診療報酬請求明細書の提出 審査支払機関又は保険者からの照会に対する回答




(3) 事業者等からの委託を受けて健康診断等を行った場合については、事業者等へその結果の通知をいたします。




(4) 医師賠償責任などに係る医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等

4.上記以外の利用目的
(1) 当院内部での利用 当院の管理運営業務のうち、 医療、業務の維持・改善のための基礎資料 院内での研修生、実習生等の実習への協力 院内での症例研究




(2) 他の事業者等への情報提供 当院の管理運営業務のうち、外部監査機関への情報提供

5.医学研究などでの利用の取扱い
学術研究、疾患統計など医学研究の利用には匿名化し利用いたします。 十分な匿名化が困難な場合には、ご本人の同意を得るようにいたします。

6.第三者への情報提供の取扱い
当院が保有している個人情報については、法律の範囲内の例外を除き、あらかじめご本人の同意がない場合は、第三者に対する提供は行いません。

7.QI研究について
がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究

1.研究の対象
全国のがん診療連携拠点病院を中心として、院内がん登録実施施設に対して、研究参加を呼びかけ、参加の応募を頂いた施設からデータの提供を受けます。2011年1月以降に参加施設を受診されたがん患者さんが対象になりえます。


2.研究目的・方法
平成19年にがん対策基本法が制定され、がん診療均てん化のための方策が多角的に打ち出されています。しかしながら、その対象である診療実態を継続的に検討するような体制は未整備です。原因の一つは、いろいろなデータが独立に集積され活用されていないためと考えられます。そこで、本研究では、院内がん登録とDPC(Diagnosis-Procedure Combinationと呼ばれる、診療データ)の一元管理を試み、がん医療の実態を把握するデータベースを構築するとともに、その活用法を検討することを目的とします。

始めに、 参加施設内でDPCデータから、氏名・診察券番号を削除して代わりに院内がん登録で個人情報を削除した際に置き換えられた専用番号を付けたものを、国立がん研究センターに集積してデータベースを作ります。そのデータの一つの活用法として、診療ガイドラインで推奨されている一定の範囲の標準診療実施率を中心として、その他患者さんが受けている診療の実態を記述します。これらのデータからは、同一の施設以外で行われた診療行為や、標準診療を行わない診療上の理由などについては捕捉が出来ませんので、算定結果を各参加施設に返却して、標準診療未実施の場合の理由等についても診療録から検討してもらいます。そうすることで、このようなデータを使った標準診療実施率算定が適切かどうかを検討したり、また、施設における治療方針を検討したり、また、国のがん政策への基礎資料を提供する、といったことが可能になります。研究実施期間は平成32年12月までで、 国立がん研究センターの倫理委員会の審査を経て延長の可能性があります。データ保持期間についてはがん登録部会の規定に従います。


3.研究に用いる試料・情報の種類
本研究では情報として院内がん登録とDPCデータを用います。このデータに含まれる情報は以下のものが挙げられます:性別、 診断名、 診断年月、初回治療方針、ステージ、施設名、入退院年月日、診療明細等


4.外部への試料・情報の提供・公表
院内がん登録の専用番号と参加施設の診察券番号の対応表は、参加施設において院内管理者が鍵のかかる場所で管理します。研究事務局へのデータの提供は、アクセス権を付与された担当者のみが利用できるシステム上で行われます。収集されたデータは国立がん研究センターの高セキュリティ領域に保存され、研究責任者により個別のアクセス権を付与された者のみがアクセスできる状態で保管されます。外部へのデータの提供は行いません。外部への成果の公表は、学会・論文発表あるいは 公開の報告書といった形で行われ、学術・がん対策に活用されます。報告に際しては、常に集団を記述する数値データのみの報告とし、個人が特定される可能性のある個別データの報告・公表は一切行なわず、かつ特定の個人が発表成果から同定できないように十分に配慮されます。


5.研究組織
国立がん研究センターがん対策情報センターがん臨床情報部 東尚弘
全国の院内がん登録実施施設のうち協力施設


6.問い合わせ先
ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。

また、 情報が当該研究に用いられることについて、患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。この場合も患者さんに不利益が生じることはありません。


照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:
独立行政法人地域医療機能推進機構 埼玉メディカルセンター 医事課 課長 中野 一実
330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-9-3 TEL048-832-4951 (内線2109)


●個人情報の開示等の取扱い


1.診療録等の開示の請求の取扱い
診療録等の開示を希望される場合は、病歴室の担当者に開示の請求をしてください。 なお、開示に当たっては、「診療記録等の開示に要する料金表」に掲げてあります実費相当額が必要となります。

2.個人情報の内容の訂正等の取扱い
個人情報の内容の訂正,追加又は削除を希望される場合は、総務企画課にその旨をお申し出ください。

3.個人情報の取扱いに関する苦情の取扱い
個人情報の取扱いに関する苦情については、総務企画課にお申し出ください。




●診療記録等の開示に要する料金表

(別途消費税がかかります)

H27.1.28現在
1.開示基本料5,000円(30分を超える毎に5,000円を加算)




2.開示基本料に加算されるもの

(1) 謄写(コピー)代 1枚 50円
※医師がコピーの必要性を認め、かつ、申請者の希望で診療記録等のコピーの交付を受けた場合

(2)X線写真コピー代
※申請者の希望でX線フィルム・コピーの交付を受けた場合

CD-Rによる場合   1枚 1,400円
フィルムによる場合 1枚 1,000円




 

3.要約書交付料

(1) 簡単なもの 10,000円
(2) 複雑なもの 15,000円

※当院における個人情報の取扱いは、以上のとおりとなっていますが、ご質問等につきましては、総務企画課までお申し出下さい。


●診療記録等の開示に要する料金表(老健施設用)
1.開示基本料5,000円(30分を超える毎に5,000円を加算)




2.開示基本料に加算されるもの

(1) 謄写(コピー)代 1枚 50円
※医師がコピーの必要性を認め、かつ、申請者の希望で診療記録等のコピーの交付を受けた場合

(2)X線写真コピー代
※申請者の希望でX線フィルム・コピーの交付を受けた場合

CD-Rによる場合   1枚 1,400円
フィルムによる場合 1枚 1,000円




3.要約書交付料

(1) 簡単なもの 10,000円
(2) 複雑なもの 15,000円

※当院における個人情報の取扱いは、以上のとおりとなっていますが、ご質問等につきましては、総務企画課までお申し出下さい。





●患者情報等の保管期間について
以下の個人情報(記録等)の保管期間は、各法により次のとおりとなっておりますことをご了承ください。診療録(医師法第24条)             5年間

処方せん(医師法第22条、医療法第21条)    2年間

助産録(保健師助産師看護師法第42条)      5年間

照射録(診療放射線技師法第28条)        5年間

手術記録、検査所見記録、X線写真(医療法第21条)2年間上記についてご質問等ございましたら、総務企画課までお申し出ください。

病院長

PageTop