呼吸器内科

対象疾患
 現在、呼吸器内科は2名で呼吸器領域全般の診療を行っています。具体的には肺癌を始めとする胸部の腫瘍性疾患、気管支喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの炎症性疾患、肺炎や非結核性抗酸菌症などの呼吸器感染症、種々の原因による間質性肺疾患、気胸・膿胸等の胸膜疾患、睡眠時無呼吸症候群、塵肺などの職業性肺疾患など非常に多岐にわたります。また、これら呼吸器疾患の診断・治療の他に、呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法、肺炎球菌ワクチンの接種など総合的な呼吸器診療を行っています。

 特に肺癌診療では、呼吸器外科・病理診断科・放射線科と協力し、集学的な治療を行っています。新規分子標的薬を含めた最新の抗癌剤治療や、抗癌剤と放射線の併用療法などが中心となっています。治療前の正確な組織診断・遺伝子診断を行い、それぞれの患者さんに適した医療を実践します。

 咳や痰、息切れ等の症状があったり、呼吸器の検査(レントゲンやCT、肺機能)で異常を指摘されたなど、呼吸器領域でご心配な方はぜひ当科を受診して下さい。紹介受診を基本としていますので、受診される際にはなるべくかかりつけ医や今までかかっていた病院の紹介状を持参して頂けますようお願い致します。

気管支鏡  年間約150例

外来担当医紹介
名前 職位 専門 資格
上田 壮一郎 医長 呼吸器全般 日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医、認定医
宮脇 正芳 医員 呼吸器全般 日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医、認定医


ninteshisetsu
 
日本呼吸器学会関連施設


●後期研修 さいたまでの診療に興味を持たれている先生方へ

当科では気管支喘息やCOPD、肺炎診療などの他に、肺癌の化学療法も多数行っております。気管支鏡においてもEBUS-GS、EBUS-TBNAを導入しており、一般的な手技の取得が可能です。日本呼吸器学会関連施設であり、それぞれの学会の専門医の取得が可能です。
興味のある方は連絡いただけましたら幸いです

PageTop