新型コロナウイルス感染症の発生について

ご来院の皆様へ

 令和2年4月5日に入院した患者さんが、入院前に利用していたショートステイ先において、4月10日に新型コロナウイルス感染症の陽性患者が発生したとの報告を受けたことから、同日新型コロナウイルスの感染症検査を実施したところ、陽性と判明しました。

 現在、濃厚接触者と思われる入院患者さん8名について、新型コロナウイルス感染症検査を実施したところ、4月15日に1名の患者さんの陽性反応を確認しました。また、同患者さんの接触者である医師を含む職員27名については、4月11日より2週間の自宅待機としていましたが、そのうち看護師1名において、発熱症状が出現したため、新型コロナウイルス感染症検査を実施したところ、4月16日に陽性と判明しました。

 医療機関として細心の注意を払っておりましたが、この度このような結果になり大変遺憾であり、患者さんやご家族、地域の皆様、並びに関係者の皆様にはご不安をおかけして申し訳ございません。今後とも、さいたま市保健所の指導のもと、患者さん、職員の安全を最優先に感染防止に努めてまいります。

 診療等については、以下のとおりとさせていただいておりますので、ご理解、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

① 外来診療
 4月14日(火)より当面の間、紹介状をお持ちの患者さんを含む、すべての初診患者さんについて、各科外来の受診を原則としてお断りさせていただきます。
② 救急診療
 救急隊からの受け入れ要請についても、制限をさせていただいております。
③ 入院診療
 入院患者さんの受け入れについても、制限をさせていただいております。
④ 人間ドック、健康診査
 緊急事態宣言を受け、4月8日(水)より健康管理センターを休止しております。

 なお、今後の対応につきましては、引き続きホームページでお知らせしてまいります。ご理解をいただきますようお願いいたします。

                             令和2年4月16日
埼玉メディカルセンター
院長 吉田 武史

PageTop