臨床研修医

当院は、国が指定する「臨床研修病院」です。

医師免許取得後2年目までの医師(研修医)の教育を担当しております。

研修は国が定めた到達目標に準拠して指導医のもとで
診療行為を通して実施されます。
皆様のご理解とご支援をお願い致します。

またご意見等がございましたら当院設置の
「ご意見箱」へご投稿いただきますようお願い致します。

 

研修医の声



研修医1年目:岩崎昭充  埼玉医科大学卒

私は生まれも育ちも埼玉で、アメフト部出身で、簡単には壊れない身体が武器です。知識や経験はまだまだ足りませんが、パワーを活かして埼玉の医療に従事したいと思っております。JCHO埼玉メディカルセンターを選んだ理由は、将来も埼玉で医療をするつもりなので、出身大学の医療圏だけでなく県内全体の医療事情を知ってみたいと思い、他の大学病院とも関わりが多く、地域医療に根差しているこの病院を志望しました。では、実際に入ってどうかというと、入る前は慶應大学の系列病院であるので自分は外様だと思っておりましたが、全国の色々な大学出身の先生がいて、交流の機会も多くまだ回っていない診療科の先生とも早いうちから打ち解けられました。非常に居心地がよく、働きやすい病院だと感じています。JCHO埼玉メディカルセンターのストロングポイントは総合内科的な症例、いわゆるCommon diseasesが多く、初期研修2年間で経験しておくべきことは全て網羅できると思います。また、興味のある科だけを何ヶ月も集中的にやったり、なるべく多くの科を周って各科の醍醐味を経験したり、自分がやりたい事に特化した自由度の高い研修ができることも魅力的で、「研修医の間しかできないこと」を実践することが可能な環境だと感じました。最後に、地域医療に興味を持っている若手の先生はCommon diseasesから各科の専門領域までバランス良く症例があり、総合診療能力を培うにはベストな病院だと思います。まだまだ足手まといですが、一緒に埼玉の地域医療に貢献出来れば幸いです。

研修医2年目  伴 総一郎 金沢医科大学卒

私が埼玉メディカルセンターを見学し、研修先に選んだ決め手として研修医が主体的な研修生活を送っていた。上級医の先生との距離感が近く、重厚な指導である。コメディカルのスタッフが明るく、患者さんとの関係性を重視していたことです。当院は395床の二次救急病院の地域に密着した急性期病院です。毎日の診療の中では研修医が経験すべきcommon diseaseが溢れています。初期研修医の2年間でcommon diseaseの多くを診療し、医師として土台を築くには必要な経験です。患者さんを中心とした診療の中で患者さんから学び、指導医の先生からのフィードバックを受け、自分で教科書を開き、診療の方針を決める。一見、基本的な研修と思われますが、当院の研修は医師としての基礎的な姿勢を学び、修得できると実感しております。当院は初期研修医1年目と2年目合わせて12人が互いに刺激をうけながら多くの研修期間を過ごします。多くも少なくもない12人という人数は上級医の先生方やもちろん、コメディカルのスタッフからも認識され、風通しのよい職場となっています。実際に研修医をコメディカルのスタッフから学ぶことが多く、当院の活気のあるスタッフから指導または質問ができる環境は大切であると実感しております。適正な人数のため初期研修医同士は仲を深め、互いを尊重し合あい、良い関係が築けます。仕事が終わった後は、研修医同士でご飯を食べにいったりすることが多いです。一度、見学にきてみて私たちが研修する雰囲気を感じてみてください。いつでも、JHCO埼玉メディカルセンターにて皆さんをお待ちしております。
PageTop